神奈川県の一戸建てを大規模修繕した理由

火災保険

まず最初に、火災保険です。
火災保険では風水害に対する補償内容が含まれています。
台風で屋根や外壁がダメージを受けたときに、申請が通れば補償してもらえるからです。
ここで注目したいのは、保証金は保険鑑定人が審査して決まることであり、必ずしも工事費用の全額が対象となるわけではないのですが、適切と判断された見積もり金額を補償金として支給してもらうことができます。
しかも、見積もり金額に対する金額決定なので、工事契約を同時に履行する必要がありません。
工事契約は別途に行うことが可能であり、締結するかどうかも含めて施主側に判断の権利があります。
大規模修繕工事を立案するときに、台風のダメージで屋根と外壁を工事することも含めて施工内容を決定することができました。
すなわち、火災保険で確定して入金された補償金を、屋根工事だけの修繕工事にあてるのではなく、建物全体の大規模修繕工事の一部費用として計上する方法です。
神奈川県は梅雨に入ると湿気がちな天候が多く、真夏のゲリラ豪雨に続いて、すぐ秋には長雨となります。

いくつかの予算の組み立てが可能 | 火災保険 | 屋根工事も外壁塗装も工事日程を組むのが大変

大規模修繕 神奈川おもな施工実例2 - 塗装|ビル・マンション大規模改修|神奈川横浜 ...