神奈川県の一戸建てを大規模修繕した理由

屋根工事も外壁塗装も工事日程を組むのが大変

屋根工事も外壁塗装も工事日程を組むのが大変です。
ところが一戸建ての大規模修繕工事にすることで、天候に左右されにくい足場の構築やビニールシートで覆い隠す対策も行なえるようになり、融通の利く施工が可能になりました。
全体の工事費用に、耐震リフォームのための助成金と、火災保険による風水害に対する補償金も計上できました。
計上するときに、違法にならないように配慮してもらい、必ず耐震リフォーム工事も含めることと、台風被害による修繕内容に関しては損壊箇所復旧の内容で施工してもらいました。
注意点は、調子にのって新しい高性能な素材にパワーアップしてしまわないことです。
経年劣化に対する工事や、単なる改築や改修工事では火災保険補償金は使用不可と判断される場合があります。
工務店と連携して、保険会社や行政とも緊密に連絡を取り合い、最終的な工事内容に決めました。
神奈川県で地域密着型で営業している工務店に依頼しましたので、法律だけでなく地域の条令にも目を通してもらったうえで、施工内容を選択できたので契約締結までスムーズでした。
これからも工務店に定期メンテナンスを実施してもらいます。

いくつかの予算の組み立てが可能 | 火災保険 | 屋根工事も外壁塗装も工事日程を組むのが大変